STU48、4か月遅れの成人式「時代の変化を体感してきたので…カエル世代」

スポーツ報知
広島・護国神社で4か月遅れの成人式を行ったSTU48の(左から)鈴木彩夏、兵頭葵、薮下楓、渡辺菜月、宗雪里香

 STU48が2日、広島・護国神社で4か月遅れの成人式を行った。

 例年は成人の日に国内のAKB48グループ新成人が東京・神田明神に会し開催していたが、新型コロナウイルスの影響により、STU48は広島市の成人式開催日に合わせ、この日4か月遅れで実施。1期生の兵頭葵(20)と薮下楓(20)、2期研究生の鈴木彩夏(20)、宗雪里香(20)、渡辺菜月(20)の5人が参加した。

 自身で選んだあでやかな振袖に身を包んだ薮下は「両親を始め、これまでの人生に携わってきた皆様に感謝の気持ちでいっぱい。成人を迎えたということは人生の大きな一区切り。何事も責任をもって、人生を楽しめる大人になりたい」とコメント。AKB48の成人式では恒例の「今年の新成人を表現するなら何世代?」という質問に、渡辺は「アナログから地デジに、携帯電話からスマホに、平成から令和に、4Gから5Gにといったように、オタマジャクシからカエルになるように時代の変化を体験した世代だと思うので、まさにカエル世代だと思います」と回答。また「成人したことで挑戦したいことは?」の問いに鈴木は「どんなことにもうろたえずに挑戦したい」、宗雪は「食レポで愛媛県の名産を伝えたい」と地元愛を語った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請