“桃子対決”制した上田桃子「情熱はすごくある。まだまだ若手に負けられない」…一問一答

上田はキャディーを務めた辻村明志コーチと優勝トロフィーを手に笑顔
上田はキャディーを務めた辻村明志コーチと優勝トロフィーを手に笑顔

◆女子プロゴルフツアー パナソニック・オープン 最終日(2日、千葉・浜野GC=6638ヤード、パー72)

 2打差の2位で出た上田桃子(34)=ZOZO=は73をマークし、通算5アンダーで並んだ大里桃子(22)=伊藤園=とのプレーオフ(PO)で、1988年のツアー施行後では史上初、同じ名前の“桃子対決”を2ホール目で制した。2019年6月ヨネックスレディス以来、米ツアー会員として出た国内大会1勝を含む通算16勝目。次戦のワールドレディスサロンパスカップ(6~9日、茨城・茨城GC東C=報知新聞社後援)での悲願のメジャー初制覇へ、弾みをつけた。

◆桃子に聞く

 ―風の判断が難しい一日だった。

 「風は好き。集中力が増すし、楽しめる方。辻村さん(コーチ)と話し合ってジャッジできた」

 ―どこで優勝を意識した?

 「残り3ホールで優勝争いができそうなら頑張りたいと思っていたけど、そんな余裕はなかった」

 ―同郷で同じ名前の大里とのPO。

 「去年一緒にプライベートで初めて回って。いいショットを打つ選手だと思っていた。絶対に隙を見せないように意識した」

 ―コロナ禍で練習ができない中、年齢のことで悩んだことは。

 「いろいろ考えたけど、まだ自分で情熱はすごくあると思った。まだまだ若手に負けられない」

上田はキャディーを務めた辻村明志コーチと優勝トロフィーを手に笑顔
すべての写真を見る 1枚

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請