船橋競馬【若潮スプリントS3】―矢野義調教師に聞く― チャンプタイガー体に幅が出てきた

   若潮スプリントの有力馬の一頭チャンプタイガー。管理する矢野義幸調教師を直撃した。

 ―チャンプタイガーの前走は好位から抜け出して、2着に2馬身半差をつける完勝でした。

 「自分の競馬をして、時計も詰めた。しまいは伸びたし、評価できるね」

 ―これで1200メートルは3戦2勝、2着1回と連対パーフェクトです。

 「本当は、距離を延ばせると思うんだけど、馬が幼い。集中力を切らさないように、短い距離を使っている。前走で結果が出たので当面は短い距離で行こうと思うんだけど、夏を過ぎれば延ばしても大丈夫じゃないかなと思っている」

 ―前走のあとの調整はどうでしょう。

 「ここへ直行するのは予定通り。使うごとに力がついている。体にも幅が出て、しっかりしてきた。実が入ってきたね」

 ―阪神ファンの矢野先生にうってつけのネーミング。阪神も首位を快走しています。それでは最後に抱負を。

 「阪神のように(快走と)なったらいいね(笑い)。前がやり合って、競馬はしやすいと思う」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請