【大学野球】大商大が3日にも4季連続Vと全日本大学選手権出場が決定 関西六大学野球

大商大の伊原陵人は5回無失点で4勝目
大商大の伊原陵人は5回無失点で4勝目

◆関西六大学野球春季リーグ戦 ▽第5節1回戦 大商大10―0大阪学院大(2日・わかさスタジアム京都)

 大商大が先勝した。伊原陵人が5回3安打無失点6奪三振、リーグ戦初登板の前田竣也(ともに3年)が4回2安打無失点7奪三振で完封リレー。打線は13安打で10得点を挙げた。

 最速147キロ左腕の伊原は「変化球を低めに集めることができた」と涼しい顔。自己最速を1キロ更新する146キロをマークした前田は「打線が点を取ってくれて、野手のおかげでいい投球ができた」と、仲間に感謝した。

 大商大が3日の同カードに勝ち、直接対決する京産大と龍谷大のどちらかが連勝しなければ、4季連続(2020年春季は中止)21度目(旧リーグを含む)の優勝と、2年ぶり11度目の全日本大学野球選手権(6月7~13日・神宮ほか=報知新聞社後援、20年は中止)出場が全国一番乗りで決まる。

大商大の伊原陵人は5回無失点で4勝目
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請