FW浅野拓磨がセルビア1部パルチザンを電撃退団 度重なる給与未払いで契約解除を決断

 セルビア1部パルチザンの日本代表FW浅野拓磨(26)が2日、クラブとの契約を解除したと自身のインスタグラムで発表した。「度重なる給与の未払い、それに対する不誠実な対応により、クラブからのリスペクトを感じられなくなってしまった」としている。現在も未払いが続いている状態だという。

 浅野はJ1広島から2016年夏にイングランド・プレミアリーグのアーセナルへ移籍。期限付き移籍でドイツのシュツットガルト、ハノーバーでプレーした後、19年夏にパルチザンへ加入。今季はチームトップの18ゴールをマークし、日本代表にも返り咲いた。浅野は「パルチザンは、自分にサッカー選手としてのチャンスを与えてくれたクラブであり、とても大切なクラブです」と記し、監督やチームメート、サポーターへ感謝をつづった。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請