岩田寛 5打差逆転で約6年ぶりのツアー3勝目…連覇狙った宮本勝昌は3打差2位

2番、ティーショットを放つ岩田寛
2番、ティーショットを放つ岩田寛
副賞のトヨタ「MIRAI」と写真におさまる岩田寛
副賞のトヨタ「MIRAI」と写真におさまる岩田寛

◇日本男子プロゴルフツアー 中日クラウンズ 最終日(2日、愛知・名古屋GC和合C=6557ヤード、パー70)

 天候がめまぐるしく変わる中、54ホールの全競技が終了した。5差7位で出た岩田寛(40)=フリー=が7バーディー、ボギーなしの63をマーク。通算12アンダーで2015年7月の長嶋茂雄招待セガサミーカップ以来、通算3勝目を最終日逆転で飾った。

 大会3人目の連覇を狙った宮本勝昌が3打差の2位。ツアー1勝の香妻陣一朗、通算5勝の高山忠洋が8アンダーの3位となった。笠原瑛(中部学院大2年)が3アンダーの15位で、ローアマチュア賞を獲得した。注目新人の金谷拓実も3アンダーの15位。10年大会王者の石川遼は67で回り、2アンダーの24位で終えた。

2番、ティーショットを放つ岩田寛
副賞のトヨタ「MIRAI」と写真におさまる岩田寛
すべての写真を見る 2枚

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請