井岡一翔のドーピング騒動で畑中清詞会長がJBCに質問状送付「JBCに対して大変な疑念」

 プロボクシングの元世界3階級制覇王者・田中恒成(25)が所属する畑中ジム(畑中清詞会長)は1日、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(32)=Ambition=を巡るドーピング騒動に関して、4月30日付で日本ボクシングコミッション(JBC)の長岡勤コミッショナーに対し、質問状を内容証明書で送付したことを明らかにした。

 昨年大みそかに行われた田中戦(井岡の8回TKO勝ち)のドーピング(薬物使用)検査で、井岡の尿検体から禁止・違法薬物の大麻の成分が検出され、再検査を前に情報が警察に伝わってJBCは保管していた検体を警察に渡したという報道があった。これについてJBCは倫理委員会を開いて審議するとしたが、畑中会長は「2020年大晦日(おおみそか)のタイトルマッチにおける井岡選手のドーピング問題に関して、JBCに対して大変疑念を持っています。よって4月30日付でJBCコミッショナー宛に質問状を内容証明書で送付いたしました。GW明けには返答が来ることを信じております」とのコメントを出した。

 井岡の代理人弁護士は、警察からの事情聴取の事実は認め「ドーピングの検査結果からは大麻成分が検出されたと説明を受けました」と明かしている。警察からは、捜査終了の報告を受けており「嫌疑は晴れた」としている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請