馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 中京 新潟

唯一無二(栗東)

 こんにちは、山本です。本日も栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、やってしまいました。昨晩のこと。記者席で少し仕込みをすませ、トレセン近くの宿泊施設で夕食とお酒を少々飲んだ後のことです。翌日、つまりは今日の朝は午前4時に調教開始ですから、アラームをセットしようと、携帯を探したんです。しかし、どこにも見当たらない。車に戻ったが落ちてもない。色々考えましたが、今日は記者席でしか使ってないんですよ。ということで、恐らく記者席に忘れていることに気づきました。

 ただ、気づいたのは午後10時過ぎ。ただ、そんな時間に記者席が開いているワケがありません。本来は管理事務所に言って、事情を相談すればいいんですが、お酒が入っているものだから、結構な距離がある事務所まで車を運転することができない。もう頭を抱えるしかない午後10時です。結局はひと眠りして、午前3時過ぎに管理事務所へ向かい、事情を説明して、特別に開けてもらうことになりまして…。

 真っ暗な中、職員の方の懐中電灯を頼りに向かった記者席のドアの向こうでは、MAXに設定しているアラームがガンガン鳴っていました。低調に謝罪とお礼を言ってから、調教スタンドに向かったのですが…。子供の頃、通知表の「忘れ物」の欄はいつも△でしたが、40年近く経っても、習性は変わりません。本当に情けないっすわ。

 ということで、そろそろ本題へ。今日も栗東からの2歳馬情報をお届けしましょう。まずは寺島厩舎。すでに2頭がゲート試験に合格し、今は放牧に出されています。まずは寺島調教師の評価が非常に高い【リーブズオブグラス(牡、父エピファネイア、母リープオブフェイス)】ですね。こちらは夏の阪神開幕週、芝マイルの新馬を目標にしていると言います。「やはり乗り味もいいみたいですし、動きそうですよ。今は5月終わりあたりに戻してこようかと思っています」と説明してくれたトレーナーは実に明るい表情です。実際に間近で携わってみて、さらに手応えが深まったような印象ですね。

 あと、近親にトーセンジョーダンなどがいる【プラソン(牝、父イスラボニータ、母カシシ)】は北海道の開幕週にある札幌芝1000メートルあたりを目標にしていくイメージのようです。

 次は橋口厩舎。今、栗東には【ディリジェンス(牝、父ヴィクトワールピサ、母ミッキーハナコ)】が入ってきています。この馬、昨秋の菊花賞で最大の惑星になるかと思われていたロールオブサンダーの妹になります。「かなりバランスのいい体をしていて、動きがいいですね。兄に比べると、少し胴が詰まった体形なので、兄ほどステイヤーっぽくありません」と橋口調教師は分析。とはいえ、牝馬ですからね。いずれにせよ、能力の高さは受け継いでいる印象です。

 続いては伯父にアルアイン、シャフリヤールを持つ【アルナシーム(牡、父モーリス、母ジュベルアリ)】ですね。馬主はライオン。420キロとそれほど大きくないようなんですが、「バランスがすごくいい」と評価します。父の産駒という感じのイメージのようですね。「動きもかなりいいとのこと」と楽しみにしているようです。現時点では結構近い時期に栗東かその近くまでは来る予定とのことです。

 最も早いデビューを見込んでいるのが、今はノーザンファームしがらきにいるはずの【コルティーナ(牝、父キタサンブラック、母ワナダンス)】です。「胴長で脚も長く、まさに父のような馬体をしています。距離も長めが合いそうです」と早期デビューを見込みつつ、楽しみにしている存在のようです。

 で、今年の新種牡馬といえば、真っ先にキタサンブラック、そしてイスラボニータやサトノアラジンなどの名前が思い浮かぶのですが、どうしても個人的に取り上げたいのがワンアンドオンリーです。お父さんの橋口弘次郎元調教師の初制覇を間近で見守った、あの日本ダービーは記者生活で最もうれしかった取材と言ってもいいかもしれません。

 決して産駒数が多くはないのですが、息子の橋口厩舎にも入ってきます。【シャンバラ(牡、父ワンアンドオンリー、母アンシャンタン)】です。橋口調教師は「長めでスラッとした体形はすごく似ていますね」と偉大な父の姿をダブらせます。この馬は仕上がりもすごく早いようで、順調に育成をこなしているとのこと。早期のデビューから父子ダービー制覇を狙えるような競走馬に育ってほしいですね。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

阪神8R・2エレヴァテッツァ(松永幹調教師が素質を高く評価している馬。ここは展開利が大きく、距離短縮もプラス)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

阪神2R・12ランペロニキ(体質弱く、デビューが伸びたが素質は確か。初出走でも)

阪神5R・5ヤマニンルリュール(時間かけて立て直した。好カードも初戦圧勝の素質を信頼)

東京7R・1オーロール(地方ダートでの勝ち上がりも、初戦は外から既走馬を飲み込みそうな脚色。芝適性はある)

東京11R・9ハーツラプソディ(その決め脚は広いコースでこそ)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

馬トクPOGプリントを全国の主要コンビニのマルチコピー機で発売中!一足先に有益なPOG情報をゲットして勝ち組になろう!購入方法はこちら

2歳馬特集

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請