レバンガ北海道のニック・メイヨ12戦ぶり勝利へ気合・・・1日からB1リーグ最終節・富山戦

富山戦に向け軽快な動きを見せたメイヨ
富山戦に向け軽快な動きを見せたメイヨ

 B1レバンガ北海道は29日、今季最終節の富山戦(5月1、2日・北ガスアリーナ札幌46)に向け練習を公開。リーグ得点ランク1位(試合平均21・7得点)のPF/Cニック・メイヨ(23)が12戦ぶり勝利を誓った。

 チームはウィリアムズ、テイラー両助っ人の故障離脱も響き、11連敗中(14勝43敗)。マークが集中するメイヨも最近3戦は8、12、7得点に抑えられている。チーム初の得点王がかかる最終節に向け「タイトルよりチームの勝利。この中間は、シュートフォームを見直し調子は上向き。得点で貢献し、その結果が(得点王に)つながればいい」と話した。

 試合では、得点王争いをする平均20・6得点のPFジュリアン・マブンガ(31)とマッチアップ予定。「万能型の素晴らしい選手だが、チームプレーで止める準備はしてきた。簡単にはボールを持たせない。最後は連勝で有終の美を飾りたい」とエース対決に闘志を見せた。(小林聖孝)

 ◇B1得点ランクベスト5(29日現在)◇

順位 名前          (所属)  試合平均得点

〈1〉ニック・メイヨ     (北海道) 21.7

〈2〉ジョーダン・ハミルトン (滋賀)  20.7

〈3〉ニック・ファジーカス  (川崎)  20.6

〈4〉ジュリアン・マブンガ  (富山)  20.6

〈5〉ダバンテ・ガードナー  (三河)  20.6

 

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請