茂木健一郎氏、「高齢者の入院優先順位下げる」メールの大阪府幹部をバッサリ「愚鈍さと浅薄さに呆れます」

茂木健一郎氏
茂木健一郎氏

 脳科学者の茂木健一郎氏(58)が30日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルス感染者の入院調整を行う大阪府の部局の医療系技術職トップが各保健所に対し、「府の方針として、高齢者は入院の優先順位を下げざるを得ない」とするメールを送信していたことを厳しく批判した。

 この日、「重症化の確率で言えば高齢者はむしろ優先順位が上。治療可能性や残りの寿命年数の期待値などの評価関数を適用するにせよ精緻な検討が必要」とつづった茂木氏。「単なる思いつきでメールする愚鈍さと浅薄さに呆れます」と厳しく続けた。

 今回の医療系技術職トップのメール送信日は19日。府健康医療部は「府の方針とは全く異なる」としており、29日に各保健所に内容の撤回と、謝罪する旨を連絡した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請