北大阪、接戦を制し鮮やかな逆転勝ちでベスト4進出決める!…第38回泉州大会

準決勝進出を決めた北大阪ナイン
準決勝進出を決めた北大阪ナイン

◆第38回泉州大会 ◇中学生の部 ▽準々決勝 北大阪ボーイズ5ー4西成ボーイズ(24日・二色グラウンド)

 「第38回泉州大会」中学生の部は24日、準々決勝が行われ、接戦を制した北大阪ボーイズと、5回コールド勝ちを決めた枚方ボーイズの大阪北支部勢もベスト4入り。また、準決勝以降は、コロナ禍のため延期となった。

 最後は気力を振り絞った。1点リードの7回2死満塁、北大阪の大黒柱・須田が最後の打者を三振に仕留めた。鮮やかな逆転勝ちでベスト4進出を決め「内容はあまりよくなかったが、自分なりのピッチングはできたのでよかった」と、ほっと息をついた。

 序盤から苦戦を強いられた。初回に3長短打を浴び、2失点。3回にも1点を追加されたが、試合前「みんなで野球をして、たとえ点をとられても明るい雰囲気でやろう」と話した通り、打線はすぐに反撃を開始した。3回に2点、4回には山名の適時二塁打で追いつくと、直後に澤田が初球スクイズ。「須田君がしっかり投げてくれていたので、絶対一球で決めてやろうと思っていた。自信をもってやりました」と見事に成功させ、決勝点を奪った。

 岩田監督は「チームワークはいい。それがまず一番」と強さの要因を分析。緊急事態宣言発令により、大会は準決勝以降延期となるが、エースで4番、主将も務める須田は「夏の選手権に向けてやってきた。この大会もそうだが、他の大会も全部優勝する気持ちでやっていきたい」と締めくくった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請