忠岡、アクシデント乗り越え6回コールド勝ちで4強入り!…第38回泉州大会

コールド勝ちを決め喜ぶ忠岡ナイン
コールド勝ちを決め喜ぶ忠岡ナイン

◆第38回泉州大会 ◇中学生の部 ▽準々決勝 忠岡ボーイズ8ー1金岡ボーイズ=6回コールド=(24日・いきいきパークみさき野球広場)

 「第38回泉州大会」中学生の部は24日、準々決勝が行われ、忠岡ボーイズ(大阪南支部)が6回コールド勝ちで4強入りを決めた。また、準決勝以降は、コロナ禍のため延期となった。

 「ここで決める!」秋山の当たりが中前に抜け、2者が生還した瞬間、忠岡のコールド勝ちと準決勝進出が決まった。3点リードで迎えた6回、久保の右前適時打、矢野の左前タイムリーなどで加点し、なおも2死二、三塁の好機で、5番打者が締めくくった。

 アクシデントを乗り越えての勝利だった。先発・矢野は3回まで無失点と好投するも、4回に打球が左足を直撃。「もっと投げたかった」と続投を希望したが、痛みがひかず降板し、三塁の守備に回った。だが、その後5回に、4番打者として、痛みに耐えながらも「ランナーをためてくれたので、ここはシャープに振りぬこう」と2点打を放ったのは、見事の一言だ。

 チームの危機に緊急登板したのが今津。1失点したが「急だったのでびっくりしたが、リリーフの役目はできたと思う」と最後までマウンドを守った。トラブルをはね返しての勝利に、西原主将も「矢野が好投し、ここぞというときにしっかり打ってくれた。みんなが一つになり、いい試合だった」と声を弾ませた。

コールド勝ちを決め喜ぶ忠岡ナイン
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請