【中日】新外国人のロサリオが初のシート打撃に登場 最速149キロで3種のスライダー操る

スポーツ報知
ランディ・ロサリオ

 中日の新外国人ランディ・ロサリオ投手(26)が30日、ナゴヤ球場で行われた残留練習のシート打撃に登板した。来日後、初の実戦形式では平田、溝脇、石垣を相手に11打席で2本の安打性、2四球だった。

 最速は149キロ。途中ボールが続く場面もあったが3種のスライダーを操るなど器用さも見せた。中継ぎとして期待のかかる助っ人左腕に、小笠原2軍投手コーチは「久しぶりの打者に対してなんで探り探り投げているという印象。その割にはストライクを投げられているし、とりあえずは良かった。(スライダーは)外から大きめに曲げたり、縦気味だったり、小さく曲げたり。力任せに投げてなかったので良かった。けん制も本人は自信あると話していた」と評価した。

 今後体の状態が順調であれば、もう1度シート打撃で登板して2軍戦に向かうことになりそうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請