師匠の苅部俊二氏評価…110mH日本新・金井大旺の最後の1年への覚悟と強い探究心

スポーツ報知

◆陸上 ▽織田記念国際(29日、エディオンスタジアム広島)

 五輪メダルが見える快記録が誕生した。男子110メートル障害決勝で、金井大旺(25)=ミズノ=が13秒16(追い風1・7メートル)の日本新記録を樹立。今夏の東京五輪参加標準(13秒32)を突破し、代表入りへ前進した。16年リオ五輪では銀、19年ドーハ世界陸上では銅メダル相当のタイム。歯科医の道に進むため、競技の集大成と位置づける東京五輪へ最高の弾みをつけた。金井が師事するスポーツ報知評論家の苅部俊二氏(51)=法大監督=が五輪本番への期待感を語った。

 13秒16は、十分世界で戦える記録。正直ビックリした。13秒2台が出るような練習はできていて、今大会は13秒32の参加標準を切ることが目標だった。理想以上の結果を出してくれたと思う。今季は筋力もついてハードリングが安定し、ブレない走りが身についている。身近で指導していても、“最後の1年”だという本人の覚悟も感じる。このタイムを出した以上、五輪の決勝進出は現実的な目標にしないといけないだろう。

 初めて指導したのは、彼が函館ラサール高2年時に法大に練習参加していた頃だった。知らなかったことを教えると、新たな知識に興味を持ち、勉強熱心だなと思ったのを覚えている。今でも自分でビデオを見返しては、動きを修正することに熱心に取り組んでいるが、この強い探究心があるからこそ、トップ選手に上り詰められたのだと思う。

 今後、五輪までは(13秒)1台、2台をいつでも出せるように、もう一段階、力を高めるサポートをしていきたい。それがかなえば、ともに世陸でメダルを獲得した400メートル障害の為末大、200メートルの末続慎吾のように、決勝に進むだけでなく、決勝でメダルを目指して勝負できる水準になる。(法大監督)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請