寺田明日香100m障害日本新にまな娘が感涙「うれしくて泣くっていうのは母親として大きい」

スポーツ報知
娘と記念撮影に応じる寺田明日香

◆陸上 ▽織田記念国際(29日、エディオンスタジアム広島)

 男子100メートル決勝で、16年リオ五輪400メートルリレー銀メダルの山県亮太(28)=セイコー=が10秒14(追い風0・1メートル)で3年ぶりに優勝した。負傷や不調を乗り越え、地元・広島で、ともに自己記録9秒台の桐生祥秀(25)=日本生命=と小池祐貴(25)=住友電工=に競り勝っての復活劇。東京五輪イヤー序盤戦で勢いのつくタイトルを手にした。

 女子100メートル障害では、寺田明日香(31)=ジャパンクリエイト=が自身の持つ日本記録を0秒01短縮する12秒96(追い風1.6メートル)をマーク。「予選は寒くて体が動かないと思っていたけど、直前に金井君が出して、『あっ、日本記録出るじゃん』と気持ちが切り替わった。自信になったいいレースだった」と胸を張った。

 応援に駆けつけた長女・果緒ちゃん(6)と、タイマーの前で記念撮影。日本新にうれし涙を流すまな娘の様子に「うれしくて泣くっていうのは、母親として大きい。それがうれしくて…」と感極まった様子だった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請