山県亮太 桐生&小池破った3年ぶりV「地元広島で優勝できて、安心しています」

スポーツ報知

◆陸上 ▽織田記念国際(29日、エディオンスタジアム広島)

 男子100メートル決勝で、16年リオ五輪400メートルリレー銀メダルの山県亮太(28)=セイコー=が10秒14(追い風0・1メートル)で3年ぶりに優勝した。負傷や不調を乗り越え、地元・広島で、ともに自己記録9秒台の桐生祥秀(25)=日本生命=と小池祐貴(25)=住友電工=に競り勝っての復活劇。東京五輪イヤー序盤戦で勢いのつくタイトルを手にした。

 山県らしさが戻った。雨上がりの決勝。スタートから中盤までスムーズに加速すると、桐生や小池ら実力者を寄せ付けない圧巻の走り。積極的に前方でレースを支配する持ち味で10秒14の勝利を決定づけ、「地元広島で優勝できて、安心しています。久しぶりにすごくうれしい大会になりました」と笑みがこぼれた。

 地元開催の織田記念国際のタイトルは、紛れもなく“吉兆”だ。前回優勝したのは18年。ジャカルタ・アジア大会で自己ベストに並ぶ10秒00をマークし、銅メダルを獲得した。ロンドン五輪の12年、リオ五輪の16年もともに優勝し、五輪本大会での躍進につなげた。

 今後の東京五輪の参加標準記録(10秒05)突破へ向けても「今日の走りも100点満点ではない。体はもっと仕上がるし、十分射程圏内にある」と手応えは十分だ。

 昨季は右膝蓋腱(しつがいけん)炎などのけがに泣き、ようやくつかんだ復調の気配。最大3枠の東京五輪代表入りには、主要選考会の日本選手権(6月、大阪)で3位以内に入ることも重要となる。「これをきっかけに、いい流れでやっていける自信がつきました」。400メートルリレー代表でも、第1走者のスペシャリスト。山県の復活は、五輪初制覇を狙う“リレー侍”にも追い風となりそうだ。(太田 涼)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請