ジョブズの名言を自問した時にー将棋・鈴木環那女流三段インタビュー(上)

スポーツ報知
鈴木環那女流三段 (カメラ・矢口 亨)

 将棋の鈴木環那女流三段(33)は今、小さな奇跡を起こしている。14歳当時の2002年にプロ入りして以降、ずっと指し分け(勝率5割)前後の成績が続いたが、30歳を迎えた17年度に勝率7割を記録。昨年度は初めて年度20勝を超えた。力ある者は必ずと言っていいほどデビュー直後から結果を残し始める世界で、なぜ自分を変え、上を向けるようになったのか。順位3位で迎える第48期女流名人リーグの初戦を前に現在の思い、過去の歩みを聞いた。(取材・北野 新太、カメラ・矢口 亨)

 話し方教室やアナウンサー学校に長年通って鍛え上げた明快な口調で、鈴木は自らの分岐点と変化について語った。

 「私、30歳が近づいた頃、思うようになってしまったんです。これから強くなれるのかな、子供の時の理想とかけ離れ過ぎてるじゃないか、いつかは辞めるのにこんなのでいいのかな、だったらもう辞めてしまった方がいいんじゃないかな、みたいなことを」

 現役として、という視点だけでなく、個人としてどう生きるか、と自問したと明かす。

 「やっぱり女性はどこかで選択しなくちゃいけないということがあります。タイムリミットという表現が正しいことなのかどうなのか分かりませんけど、結婚や出産ということを考えた時、自分はどんなふうに生きていけばいいのかって。で、すごくすごく悩んで考えて、もしかしたら私にはできないことなのかも知れないと思うようになったんです。もちろん、これからも考え続けることだと思いますけど、30歳になろうとしている私が本気で取り組むべきことは対局だと分かったんです」

 10代から番組やイベントへの出演などを重ねてきた鈴木には、今でも普及面のイメージを強く持つファンの方が多いだろう。

 「対局と普及は、私の中ではずっと同じ重さでした。自分が人に必要とされることなんてそんなにあることではないので、ずっとありがたさを痛感しながら過ごしてきました。でも、30歳が近づくにつれて、自分はあまりにも中途半端じゃないか、やり残したことはないのか、と考えるようになって本気で将棋に没頭してみたいと思ったんです」

 ずっと、ひとつの思いを抱え続けてきた。

 「いつも、私は本当に将棋のプロなんだろうか、と考えるんです。女流棋士になって20年近くになるのに『私は将棋のプロです』と心から思えたことはないんです。だから、いつかは自信を持って『私はプロです』と言いたいなって。言うためには結果を残さなきゃいけないですし、プロにふさわしい将棋を指すしかないです」

 劇的な変化を求めようとした時、成長の余地はあると信じられたのだろうか。

 「自分には伸びしろと可能性しか無いと思っていました。だって弱いですから。もちろん、10代の頃より何倍も勉強をしないと強くなれません。だからシンプルに将棋の勉強に費やす時間と量を増やしました。今はAIで学べることも大きいです。対局で負けた後、何がいけなかったのか、何を反省すべきなのか、ということが具体的に、しかも数字になって分かるようになったことは、ものすごく楽しいことなんですよ。本当に楽しくてしょうがないぞ、と毎日のように思ってます」

 ユーチューブチャンネルで十八世名人資格保持者・森内俊之九段から指導を受けていることも大きな力になった。

 「森内先生に教えていただいて、将棋は感動をくれるものだと再認識しました。熱くなれるものだし、不思議なところまで連れていかれるものでもある。こんなにお洒落な手があったのか、こんなにカッコイイ手があったのかって発見ばかりです。こんなに深くて面白いものには近くにいたいというか、離れたくないと思いますよね。もしかしたら、もっと勝ちたくなった、というより、もっと好きになっただけなのかもしれない」

 心に留めるようになった言葉がある。「毎朝、鏡に向かって問い掛けるんだ。もし今日が人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか? そうではないという日が続いたら何かを変えなくてはならない」。アップル創業者スティーブ・ジョブズの名言である。

 「私、対局に向かう日だけでなく、研究会に行く日、将棋に取り組む日に確信を持って思うんです。ああ、自分が本当にやりたいことは将棋なんだって」

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請