馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 中京 新潟

開幕投手(美浦)

 こんにちは、坂本です。朝の取材から降りしきる雨に打たれています。

 さて、最近は巣ごもり生活の“お供”を探す日々ですが、ちょっと前に「ジャケ買い」ならぬ「ポップ買い」(店頭や商品に掲示してある販促文句です)をしてしまいました。それは「ドバイからやって来たポテトチップス!」。ちょっとしゃれた感じの黒いパッケージで包装されており、黒トリュフ風味で原産国を見ると「アラブ首長国連邦」とありました。

 かれこれ海外出張に行けなくなって久しいですが、ドバイはアーモンドアイがターフを制した19年に訪れたことがあり、異国情緒も手伝って即購入。そして帰宅即開封すると、これまたビールに合うんですね。ささやかな楽しみを探す毎日ですが、大手ネットショッピングサイトでも見つけられましたので、興味のある方はぜひ!

 それでは本題にいきましょう。今日はいきなり2歳馬の話題で、まずは国枝厩舎から。注目の良血馬の【コマンドライン(牡、父ディープインパクト、母コンドコマンド)】は、3月25日にゲート試験を合格して、すでに放牧に出されています。国枝調教師に聞くと、「この前も牧場で見てきたけど、順調だよ。1週目にあわせて、戻してくる予定」とのこと。3回東京開催前半のデビューが視野に入っていますが、開幕週デビューの可能性も十分にありそうですね。そして同じく3月下旬にゲート試験を合格して放牧に出ている【パラレルヴィジョン(牡、父キズナ、母アールブリュット)】と【ラコンタール(牡、父ロードカナロア、母リュラ)】も、「どんどん良くなってくると思います。早い時期に」と、仕上がりを見ながら夏までにデビューしてきそうな雰囲気です。また来週には【レッドランメルト(牡、父ディープインパクト、母クイーンズアドヴァイス)】と【ロジハービン(牡、父ハービンジャー、母ファーストチェア)】が、入厩してくる予定といいます。

 続いては鹿戸厩舎の2歳へ。先週の4月21日にゲート試験を合格した【レッドリベリウス(牡、父ロードカナロア、母レッドセシリア)】は、一度放牧に出されます。鹿戸調教師は「これで1回出して、体力をつけていって」と語っていました。そこから3回東京デビューの馬について聞くと、現状では【マニカルニカ(牝、父エピファネイア、母シャクンタラー)】が視野に入ってきているそうです。「スピードがあるし、仕上がってきている」と説明して、早ければ前半デビューも十分にありそうです。

 次は林厩舎の2歳へいきます。こちらも東京デビューを目指している組が何頭かいるようで、昨年は後に紅梅Sを勝ったソングラインなどが6月東京デビューでしたね。【ヴィクトリーマーチの19(牝、父モーリス)】は、4月23日にゲート試験に合格。「28日に初めて時計を出して、順調なら東京開催に向かえればと思っています。体幹がしっかりしていて、馬格もあるので、短いところが良さそうです。1400Mか1600Mあたりを念頭に入れています」と、林調教師は期待を込めます。そして以前にブログで触れた【フルティージャ(牝、父イスラボニータ、母フリアアステカ)】と【ラズベリームース(牝、父ルーラーシップ、母ワイルドラズベリー)】も、東京デビューを視野に入れているそうです。

 それでは今日のところはこのへんで。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請