金井大旺、五輪メダル級の日本新…歯科医の夢追い今季で競技生活集大成「悔いのないように」

スポーツ報知

◆陸上 ▽織田記念国際(29日、エディオンスタジアム広島)

 男子110メートル障害決勝で、金井大旺(ミズノ)が13秒16(追い風1・7メートル)の日本新記録で優勝。東京五輪参加標準記録も突破し、代表入りへ前進した。

 スタートから伸びやかに加速し、ライバルの泉谷駿介(順大)らを置き去りにした。電気計時は13秒18で止まり、その後13秒16が正式結果として表示された。「予想外の記録だった。予選でスタートが全然だめで、修正しようという気持ちで臨んだ。今まで以上にインターバルの刻みがはやくできて、良かった」と息をついた。

 高山峻野(ゼンリン)が持っていた、13秒25の日本記録を0秒09も更新。東京五輪では、決勝進出はもちろん、メダルも狙えるレベルの快記録だ。16年リオ五輪では、決勝進出最低ラインは13秒41。金メダルは13秒05を出したマクレオド(ジャマイカ)で、銅メダルのバスク(フランス)は13秒24だった。直近の19年ドーハ世界陸上では、決勝進出最低ラインは13秒36。決勝は13秒10で走ったホロウェイ(米国)が制した。日本勢は五輪、世陸ともに過去に決勝進出者はいない

 日本のトップに躍り出た25歳だが、東京五輪は競技生活の集大成という位置づけ。実家の歯科医院を継ぐため、競技に区切りをつけて進学し、歯科医師免許取得の道へ進むつもりでいる。「僕は今年で競技人生ラストシーズンなので、悔いが無いように出し切って東京五輪に向かいたい」と改めて力を込めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請