元巨人の坂本工宜が関西独立リーグ・神戸三田ブレイバーズに入団 再びNPB入りを目指す

坂本工宜 
坂本工宜 

 19年限りで巨人から戦力外通告を受けた坂本工宜投手(26)が、関西独立リーグ「神戸三田ブレイバーズ」に入団したと28日、発表された。背番号は「39」に決まった

 坂本は球団を通じて「この度、神戸三田ブレイバーズに入団することになりました。アンダースローでのNPB復帰を目指すにあたって、家族をはじめ、応援してくださる方々の支えや協力があって、ここまでこられたので本当に感謝しています。また、新天地で野球ができることを心からうれしく思いますし、挑戦する環境をいただいたことにも感謝しています。以前とは違う新しい投球スタイルにもなりましたし、ワクワクするようなピッチングをしたいと思っています。また応援よろしくお願いします」とコメントを発表した。

 坂本は関学大・準硬式から育成選手として巨人に入団。19年に育成選手から支配下選手登録を勝ち取ったが、同年に戦力外通告を受けた。11月12日に行われた12球団合同トライアウトにも参加。打者3人に対し無安打2奪三振としたが、プロからの誘いはなかった。トレーニングを続け、再びNPBの舞台へ返り咲くため、19年11月後半からアンダースローにフォームを変更した。

坂本工宜 
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請