立川志らく、池袋暴走事故の飯塚幸三被告に「人間の心があるんだったら、遺族を不快にするような言葉は…」

立川志らく
立川志らく

 29日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・午前10時25分)では、東京・池袋で2019年、暴走した車に母子がはねられて死亡した事故で自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(89)の被告人質問が27日、東京地裁で行われ、飯塚被告が「ブレーキを踏んだら加速した」と車の不具合が事故原因だと強調。改めて無罪を主張したことを特集した。

 コメンテーターで出演の落語家・立川志らくは「法治国家だから無罪を主張するのは当然の権利だけれども。だけども自分は人生を十分生きた、片や3歳の子が亡くなっているんですよ。人間の心があるんだったら、少なくとも残された遺族を不快にするような言葉は言うはずがないです。人間の心があれば。だからろくでもない人なんですね、この人は」とコメントした。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請