横浜FMのDF畠中槙之輔、5・1FC東京戦へ個の力を警戒「強力なアタッカー陣がいる」

横浜FMのDF畠中槙之輔(クラブ提供)
横浜FMのDF畠中槙之輔(クラブ提供)

 横浜FMの日本代表DF畠中槙之輔は29日、練習後のオンライン取材に応じた。リーグ戦10試合8失点と安定ぶりを発揮している不動のセンターバックが、5月1日のFC東京戦(味スタ)で今季2度目の3連勝を目指す。

 9位に沈んだ昨季は34試合59失点と、守備面が反省材料として挙がった。今季はここまで選手同士の判断の共有や簡単なミスをなくすことを徹底し、公式戦13戦無敗を継続中。その中でも、4位につけるリーグ戦で全節フル出場している畠中とDFチアゴマルチンスのセンターバックコンビの貢献度は高い。畠中も「DFはよくできてる。良いチーム状況」と自信を深めている。MFマルコスジュニオールは「マリノスの哲学」と語る”攻守における献身的なハードワーク”こそが、好調を維持できている理由だと明かした。

 守備の要は、昨季1勝1敗だったFC東京との戦いへ「前線に強力なアタッカー陣がいる。点をいつでも取れる選手がたくさんいて粘り強く戦ってくる」と、今季5ゴールのFWディエゴオリベイラら前線の選手を警戒した。ポステコグルー監督も「カウンターは脅威」と鋭い眼光を見せる。

 無失点で守り切ることはもちろんだが、「攻撃のチャンスをつくれている場面もあるので継続していきたい」とチームの体現する攻撃サッカーへもハードワークで積極的に関わる意気込みを見せた畠中。決して隙を見せることなく、「責任感を持ってやるべきことを」と勝ち点3への集中を高めた。

横浜FMのDF畠中槙之輔(クラブ提供)
すべての写真を見る 1枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請