宮崎吾朗監督、新ジブリ「チームで作りたい」初全編3D「アーヤと魔女」近日公開

手料理でスタッフをねぎらうこともあるという宮崎吾朗監督(カメラ・山崎 賢人)
手料理でスタッフをねぎらうこともあるという宮崎吾朗監督(カメラ・山崎 賢人)
魔女の助手として奮闘するアーヤと黒猫のトーマス(c)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli
魔女の助手として奮闘するアーヤと黒猫のトーマス(c)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

 スタジオジブリの世界的アニメーション監督・宮崎駿氏(80)の長男・宮崎吾朗監督(54)が「アーヤと魔女」(近日公開)で2011年公開の「コクリコ坂から」以来、10年ぶりにメガホンを執った。昨年12月30日にNHKで放送されたジブリ初の全編3DCG作品を劇場公開。製作過程のエピソードや、三鷹の森ジブリ美術館の館長からアニメーション監督へと転身した経緯、さらに偉大な父への率直な思いも聞いた。(有野 博幸)

 テレビ放送後の劇場公開。映画館の大スクリーンでの上映が決まり、吾朗監督は「うれしいですね。映画と同じ感覚で作っていたので、多くの方々に見ていただけるのは幸せなこと」。出来栄えにも「見終わったら、明るく元気になれる作品になった」と手応えを感じている。

 「カメラワークが自由自在で現実に近い表現ができるし、キャラクターが芝居をする幅が広がる」と判断し、全編3DCGを選択した。製作の過程で「どちらが優れているということはないけど、CGの方が何度も手直しができる。手描きの方が、アニメーターの個性、才能、人間的な部分が強く出る」と両者の違いを感じたという。

 児童養護施設で育った少女・アーヤが魔女のベラ・ヤーガに引き取られ、奮闘する物語。「アーヤは決して、良い子ではない。自分がやりたいことがはっきりしていて、それを実現するためにどうすればいいか、考えて行動する。何があっても、めげない。見方によっては憎たらしいキャラクター。良く言えばたくましい。それは現代社会で必要なこと」と作品に込めた思いを明かした。

 3DCGでありながら、ジブリ特有の温かみのある絵は健在だ。「3DCGって、やればやるほどリアルに寄せられる。それが冷たさ、作り物っぽさを強調しちゃう。だから人形アニメに近いイメージで、色味もカラフルにした」。駿氏から「どういうふうにやるんだろうと思っていたけど、出来上がったものを見て、不満がなかったです」と太鼓判を押され、ほっと胸をなで下ろした。

 自分の意思で道を切り開くアーヤに共感するという。幼い頃からアニメ好きだったが、「親が才能ある人だから、同じようにはなれない。その道はやめよう」と信州大学で建築を学び、設計事務所に勤めた。30代でジブリ美術館の館長に就任したが、「もっと現場でバリバリ仕事をしたいと思って、逃げたくなった」。その頃、鈴木敏夫プロデューサー(72)に「若い人の力で作品を作りたい」と誘われ、この世界に入った。

 父としての駿氏は「とにかく仕事中心。父子でキャッチボールをした記憶もない。土日に家族サービスという発想もない、昔ながらのおじさんですね。もはやおじいさんですけど」。アニメーターとして英才教育を受けたこともなく、監督デビューしてからも「けちょんけちょんですよ。ダメ出しがあって、反発して、お互いに口を利かなくなる。どちらも大人じゃないですよね」と苦笑した。

 偉大な父へのリスペクトも忘れていない。「発想が豊かだし、理屈じゃないところで映画を作れる人。思いついたところから絵を描いて、途中で『どうしよう』と言いながらエンディングまで勢いで持っていく。アドリブで作って、最終的に破綻するギリギリのところでまとめ上げる。それがすごい」と感心している。

 その一方、吾朗監督は「僕にはアニメーターとしてのバックボーンがない」と自覚している。「宮﨑駿にしろ、高畑勲にしろ、強力な個性があって、その吸引力で作品を作っている。僕はみんなの力を借りてチームで作りたい。それは建設現場で建物を造るのと同じ。専門職の人たちの意見を聞いて、みんなにやる気になってもらいたい」。今回もスタッフの力を結集させて、ジブリ初の3DCG作品を完成させた。

 ◆「アーヤと魔女」 原作は「ハウルの動く城」で知られる英国の作家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズ氏による同名小説。児童養護施設で育ったアーヤが、魔女のベラ・ヤーガと長身男のマンドレークに引き取られ、魔法を教えてもらうことを条件に助手として奮闘する。アーヤ役の声優はオーディションで選ばれた平澤宏々路(こころ)、ベラ・ヤーガ役は寺島しのぶ、マンドレーク役は豊川悦司、黒猫のトーマス役は濱田岳が演じる。上映時間は83分。

 ◆宮崎 吾朗(みやざき・ごろう)1967年1月21日、東京都生まれ。54歳。信州大学農学部森林工学科卒業後、建設コンサルタントとして公園緑地や都市緑化に従事。98年から三鷹の森ジブリ美術館の総合デザインを手掛け、2001年から05年まで同美術館の館長。06年に「ゲド戦記」で初監督。11年の監督第2作「コクリコ坂から」で日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞。

手料理でスタッフをねぎらうこともあるという宮崎吾朗監督(カメラ・山崎 賢人)
魔女の助手として奮闘するアーヤと黒猫のトーマス(c)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請