【DeNA】オースティンが6戦ぶり2号2ランに興奮気味「最高の結果となり嬉しい」

スポーツ報知
3回1死三塁、タイラー・オースティンが左越えへ2ラン本塁打を放ち、ポーズを決める

◆「JERAセ・リーグ公式戦」広島―DeNA(28日・マツダスタジアム)

 DeNAのタイラー・オースティン外野手(29)が、1点リードの3回に、21日の中日戦(横浜)以来、6試合ぶりの一発となる2号2ランを放った。

 初回に先取点を奪われながら、2回に嶺井の2点適時二塁打で逆転。3回にも先頭の桑原が左中間への二塁打で出塁すると、プロ初スタメンの知野が送り、1死三塁でオースティンが左翼席へ2ランをぶち込んだ。9球目まで粘っての一発にオースティンは「打ったのはスライダーです。しっかりと自分のスイングをしようと思い打席に向かいました。どのような形でもランナーを還したかったので、最高の結果となり嬉しいです」と興奮気味にコメントした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請