【大学野球】東都が緊急事態宣言発令に伴う春季リーグ戦の一部日程変更を発表

明治神宮野球場
明治神宮野球場

 東都大学野球連盟は27日、東京都に緊急事態宣言が発令したことに伴う春季リーグ戦の1、2部の一部日程変更を発表した。

 1部は5月13日に神宮で予定していた最終週最終日の3試合を14日に延期する。ヤクルトが5月11日に予定されていた広島戦(神宮)を13日に延期したため。

 また、2部は28、29日に大田スタジアムで予定していた第2週の計6試合については、専大―東農大は28日午前8時30分から、国士舘大―日大は30日午前10時からともに等々力球場で、東農大―専大は30日午前10時から、大正大―拓大は同日午後1時からともに東京・八王子市のセガサミー野球場で、拓大―大正大は5月1日午前10時から、日大―国士舘大は同日午後1時からともに千葉・習志野市の日大グラウンドで開催する。いずれも大田スタジアムが使用不可となったためで、無観客で行われる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請