【DeNA】新外国人のロメロが最速153キロデビュー コロナ陽性乗り越え4回無失点の好投

スポーツ報知
DeNAのフェルナンド・ロメロ

◆イースタン・リーグ DeNA―西武(27日、横須賀)

 DeNAの新外国人フェルナンド・ロメロ投手(26)が27日、イースタン・リーグの西武戦(横須賀)で来日初登板した。

 4回65球を投げて、2安打無失点。3三振を奪って、四球は1つだけだった。最速153キロの直球を軸にしながら、スライダーやフォークもうまく操りリズムよく西武打線を封じた。

 ロメロは先発の一角として期待される右腕。18年から2年間メジャーに在籍した経験を持つ。メジャーでは26試合で3勝4敗、防御率5・17の成績を残し、69回2/3で63三振を奪った。中継ぎだった19年は、投球の約6割を占めたシンカーの平均球速が直球を上回る156キロ(97・1マイル)をマークした。

 3月27日に来日した際に受けたPCR検査で陽性判定となり、無症状ではあったが、デビューが遅れた。19日に入団会見を行った際には「状態はとてもいい。すでに1軍に上がって投げられる状態だと思っています。フィジカル的にもメンタル的にももう準備は出来ています」と意気込みを口にしていた。

 ◆フェルナンド・ロメロ(Fernando Romero)1994年12月24日、ドミニカ共和国生まれ、26歳。11年にツインズと契約。14年の右肘のトミー・ジョン手術を受けた。18年にメジャー初昇格し、初登板初先発初勝利。同年にはエンゼルス・大谷と投げ合ったこともある。20年はビザの問題でメジャー登板なし。マイナーでは120試合に登板(うち先発68)し、30勝26敗、防御率3・19。183センチ、104キロ、右投右打。背番号「42」。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請