【社会人野球】NTT西日本・藤井健平、6球団スカウトが視察 巨人「中日の大島タイプ」

スポーツ報知
5回2死一、三塁、NTT西日本の藤井健平が右前適時打を放つ

◆社会人野球・京都大会 ▽予選リーグAブロック 三菱重工West4―3NTT西日本(27日・わかさスタジアム京都)

 今秋ドラフト候補のNTT西日本・藤井健平右翼手(23)が、視察したプロ6球団にアピールした。3回2死でバットを折りながらも二塁内野安打で出塁すると、5回2死一、三塁では右前適時打を放った。

 チームは1勝(不戦勝)2敗で予選リーグ敗退が決まったものの、3番打者として5打数2安打1打点をマークした。「投手に応じたスイングや、変化球への対応、甘い球を一球で打つとかを意識してこの大会に臨んだ。結果として、少しずつ出てきているのかな」と、手応えを口にした。

 遠投125メートルの鉄砲肩が注目されており、巨人の榑松(くれまつ)アマスカウト統括は「中日の大島(洋平)タイプ。ミート力があって、バットコントロールがうまい。肩と足も高いレベル」と評価した。

 左投左打の藤井は大阪桐蔭高時代に2年夏の甲子園で優勝し、3年のセンバツでベスト4。東海大では4年の明治神宮大会で4強入りした。NTT西日本では、昨年の都市対抗大会で準々決勝に進出し、若獅子賞(新人賞)を獲得した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請