JBCが倫理委員会を開催 井岡一翔の違法薬物成分検出問題などについて審議

井岡一翔
井岡一翔

 国内プロボクシングを統括する日本ボクシングコミッション(JBC)は27日、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(32)=Ambition=から世界戦のドーピング(薬物使用)検査で違法薬物の大麻成分が検出されていたという事に関し、倫理委員会を開いて調査、審議していることを文書で明らかにした。

 JBCは、同委員会の審議に影響をおよぼすことを避けるために、現時点ではこれ以上の発表は差し控えるとした。結論が出た場合には速やかに報告するという。

 関係者によると、昨年12月31日に行われた田中恒成(畑中)との防衛戦の際に実施されたドーピング検査で、井岡の尿検体から禁止・違法薬物の大麻の成分が検出された。再検査を前に情報が警察に伝わり、JBCは保管していた検体を警察に渡したという。

 井岡の代理人弁護士によると、JBCから井岡サイドに対して、ドーピングの検査結果についての連絡は一切なし。井岡は、検査結果の内容を確認することができていないという。

 同弁護士は警察からの事情聴取の事実は認め「ドーピングの検査結果からは大麻成分が検出されたと説明を受けました」と明かした。警察からは、捜査終了の報告を受けており、「嫌疑は晴れた」としている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請