【ボートレース】〈クイーンズクライマックスへの道〉成長著しい来田衣織

激しいトレーニングで急成長の来田。攻めるレースで勝率アップを目指す
激しいトレーニングで急成長の来田。攻めるレースで勝率アップを目指す

 女子ボートレース年末の大一番、プレミアムG1「第10回クイーンズクライマックス(QC)」はボートレース福岡で12月28日から31日まで開催される(QCシリーズは26~31日)。現在はB1級ながら成長著しい兵庫支部の期待の星・来田衣織(25)をピックアップする。

 レース後もとにかく元気に、ピット内を駆け回っている来田。休日は体幹を鍛える感覚統合トレーニングに励んでいる。「ジムが空いている日には必ず行きます。鍛えれば鍛えるほど効果が出てくる」と平衡感覚が養え、ボートの乗り方などに役立っている。トレーニング仲間の丸野一樹は尼崎、若松周年記念と今年G12V、同期(121期)の沢田尚也は4月の三国でデビュー初優勝。「刺激になっています」と2人に続けとばかり努力を惜しまない。

 学生時代は陶芸家を目指していたが、父親の勧めでボートレースを知り、ペアボート試乗に参加。「エンジン音とスピードと迫力」に感動したことが目指すきっかけに。中学、高校とソフトボールで培った運動能力が生かされた。

 2月、芦屋のG2「レディースオールスター」は委員会推薦で特別戦初出場。3日目に持ち前の強烈なまくりで初勝利を挙げた。「師匠の魚谷(智之)さんから教わったペラ(の形)で勝ててうれしかった」とスピード全開の攻めが持ち味。ターン技術はもうひと工夫が必要だが、伸びしろは十分にある。

 今の課題は「メンタル」と言う。「ペラが仕上がればレースでミスする。ペラがダメならレースにならない。結果にこだわり、どうしても1着を狙って焦ってしまう。平常心で挑む」姿勢を大事にしている。

 今期(昨年11月以降)勝率は4・30と自己最高ペースで確実に成長している。今年の獲得賞金は480万8000円(26日現在)で女子ランクは65位。まずは初優出。そして「来年、いや半年後にはA級に昇格できる勝率を残してG1とか走りたい」と目標を掲げる。

(板東 宏明)

激しいトレーニングで急成長の来田。攻めるレースで勝率アップを目指す
すべての写真を見る 1枚

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請