照ノ富士、21場所ぶりの大関復帰 4大関時代へ「しばらく横綱が誕生していない…4人で盛り上げていければ」

スポーツ報知
番付発表会見に臨んだ大関復帰の照ノ富士

 大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)の新番付が26日、発表された。春場所で12勝を挙げ自身3度目の優勝を果たした照ノ富士(29)=伊勢ケ浜=は、史上最長ブランクとなる21場所ぶりの大関復帰。この日都内の伊勢ケ浜部屋で行われた会見では「次の場所、頑張らないといけないという気持ちです」と心境を語った。

 2017年秋場所以来となる大関の土俵。両膝のケガや内臓疾患などで休場を繰り返し、一度は序二段まで番付を落としたが、史上最大のカムバックを果たした。貴景勝(常盤山)、朝乃山(高砂)、正代(時津風)に加わり、夏は4大関で迎える。「しばらく横綱は誕生していないし、大関陣が4人になった。周りからの新しい横綱の誕生(の期待)がある中で皆挑む場所ですから。4人で盛り上げていけばいいかなと思う」と気持ちを高める。

 大関経験者としても「大関、横綱というのは看板力士。責任もあるだろうし、ちゃんとした成績を残していきたいと思っている」と自覚がにじむ。一度目の昇進時には果たせなかった、綱取りに向けても「横綱に上がるためには優勝に準ずる成績をずっと残さないといけいない立場。毎場所優勝に絡んでいけるように、優勝を目指して頑張っていきたい」とハッキリと語った。

 春場所後、ここまでの調整については「順調に来ていると思います」。今場所は、緊急事態宣言下で3日目までは無観客で開催される方針だ。新型コロナの感染拡大が日本を脅かしている中、「こういう時期なので、お相撲さんたちがいい姿を見せて。元気の出る相撲を見せられればちょっとでも励み、元気を与えることができるんじゃないかと思っている」とファンにメッセージを送った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請