前田穂南「体が動かなかった」1月以来の実践1万メートル4位

スポーツ報知
前田穂南

 陸上の兵庫リレーカーニバル最終日が25日、兵庫・ユニバー記念競技場で行われ、東京五輪女子マラソン代表の前田穂南(24)=天満屋=が1万メートルに出場した。1月の大阪国際女子マラソン以来の実戦だったが、33分25秒85の4位と精彩を欠き「思っていたよりもキレがなく、体が動かなかった」と肩を落とした。

 長い手足を生かした美しい動きが持ち味だが、この日は歩幅が狭く、左右のバランスも崩れがちだった。状態が上がらず、約2メートルの風にも苦しめられ「32分くらいを想定していたし、もうちょっと速い動きが必要」と反省。次戦は5月5日のマラソンテストイベント(札幌)で、コースの下見を兼ねて出場する予定だ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請