【東都大学準硬式野球】中大・林部庄吾が4安打&好救援

先制打を含む4安打を放った中大・林部庄吾
先制打を含む4安打を放った中大・林部庄吾

◆東都大学準硬式野球春季リーグ戦1部 中大5―4帝京大(25日・上柚木公園)

 中大が逃げ切った。初回、林部庄吾(4年=上田西)の適時打で先制すると、2回には藤森晃希(3年=花巻東)、幸喜健太朗(2年=長崎日大)の適時打で2点を追加し、4回にも藤森の適時内野安打で1点を加えた。4点を追う帝京大は5回、霜田健太(1年=伊勢崎清明)の3点二塁打で1点差とし、遠藤真人(4年=東亜学園)の適時打で追いついた。中大は6回、敵失で勝ち越し。9回は3番・指名打者で4安打を放っていた林部が登板。三者凡退で接戦を締めくくった。

 中大・林部庄吾「連勝がかかっている試合だったので、チーム一丸となって勝ててよかったです。次戦も厳しい戦いになると思いますが、一戦必勝で頑張ります」

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請