【DeNA】乙坂智と高城俊人を登録即スタメン起用 三浦大輔監督9人入れ替えで逆襲へ

スポーツ報知
三浦大輔監督

◆「JERAセ・リーグ公式戦」阪神―DeNA(25日・甲子園)

 DeNA・三浦大輔監督(47)は25日、阪神戦(甲子園)のスタメンに、この日今季初めて出場選手登録された高城俊人捕手(27)、乙坂智外野手(27)の2人を起用した。乙坂は「1番・中堅」、高城は「8番・捕手」でスタメンに名を連ねた。

 DeNAはここまで4勝18敗4分けで借金14の最下位。開幕から8戦勝ちなし6連敗スタートとなり、9日の阪神戦(横浜)から再び12戦勝ちなし10連敗を喫した。23日の阪神戦(甲子園)で7―1と快勝し、13試合ぶりの白星をつかんだが、翌24日の同カードでは、今季ワーストの被安打18、13失点で1―13と大敗。三浦監督はこの日、高城、乙坂に加えて国吉佑樹投手(29)、中川虎大投手(21)を昇格させ、上茶谷や関根ら5人を抹消し、大量9人を入れ替えた。逆襲へのきっかけを探るべく、指揮官は決断した。

 試合前にオンライン取材に応じた三浦監督は1、2軍の入れ替えについて「(2軍で)状態のいい選手、ファームからの推薦もあった。こっち(1軍)にいる選手も状態上げてもらうために入れ替えはしました」と説明。DeNAの勝利数と同じ4勝をすでに挙げている阪神・ガンケルとの対戦へ「前回色々対策立てたけどやられた(11日に7回途中3安打1得点)ので、また違う対策をバッティングコーチもスコアラーもしてくれたので、なんとか攻略できるようにやっていきます」と意気込んでいた。スタメンは以下の通り。

 【DeNA】

1(中)乙坂智

2(遊)倉本寿彦

3(右)オースティン

4(左)佐野恵太

5(一)ソト

6(三)宮崎敏郎

7(二)牧秀悟

8(捕)高城俊人

9(投)阪口皓亮

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請