【新刊レビュー】江戸の暗号

「江戸の暗号」
「江戸の暗号」

 ◆「江戸の暗号」(土方勝一郎、祥伝社新書、968円)

 徳川幕府は江戸を「日本の中心」として確固たる場所とするために、時間をかけて「霊的な防衛構造」を施したというのが、建築構造を専門とする著者の持論。現在も残されている寺社の場所も、「そこに建てられた根拠」があるそうだが、その理由とは…。現代の東京は、400年以上前から続く「霊の力」に守られている!?

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請