渡辺雄太、14分超出場で5戦連続3P成功の3得点…ニックスに敗れ4連勝でストップ

ニックスのローズ(左)とマッチアップする渡辺雄太(ロイター)
ニックスのローズ(左)とマッチアップする渡辺雄太(ロイター)

 NBAでラプターズの渡辺雄太(26)は24日(日本時間25日)、ニックス戦に途中出場。14分24秒プレーし、3得点、1アシストだった。12試合ぶりにリバウンドは0本に終わった。チームは103―120で敗れ、連勝は4でストップした。

 渡辺は第1クオーター(Q)3分18秒から出番を得ると、第2Q残り10分15秒に、仲間のジャンプシュートをアシスト。その後交代となったが、35―42の第2Q残り7分35秒から再び登場。しかし、シュートを放つチャンスはなく、44―52の残り4分32秒にベンチに下がった。チームは前半を59―64で折り返した。

 後半は、80―81の第3Q残り2分58秒からコートへ。ドリブルからのジャンプシュートは外れ、第4Q序盤にはドライブからのシュートを放ったが、決まらなかった。残り9分59秒に、5戦連続となる3点シュートを成功し、この日初得点を挙げ、86―97とした。渡辺はその後、残り8分52秒に交代した。

 次戦は26日(日本時間27日)にキャバリアーズと戦う。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請