堂本光一「希望を持ってやっていくことが大事」…6年ぶりソロアルバム発売とソロツアー開催発表

スポーツ報知
フォトセッションでポーズをとる堂本光一

 KinKi Kidsの堂本光一(42)が24日、都内で6年ぶり5枚目のソロアルバム「PLAYFUL」(6月2日発売)の記者発表会を行い、6年ぶりソロツアー(6月20日開幕、5か所11公演)を開催すると発表した。25日に4都府県に3度目の緊急事態宣言が発令される。多くの公演中止が発表され、エンタメ界に影響が及んでいる。光一はツアー準備を進める中で「希望を持ってやっていくことが大事。できる準備はしていこうということ」と持論を繰り広げた。

 緊急事態宣言を受け、エンタメ界では公演中止、延期が相次いでいる。今後、さらに波紋が広がっていく恐れがあるなか、光一は「希望を持ってやっていくことが大事」と強く訴えかけた。

 コロナ禍は収束するどころか、再びエンタメ界にとって最悪の事態といえる状況に陥っている。「もちろん、僕自身も皆さんと同じように、思うことはたくさんある。時には不平不満、こうした方がいいんじゃないかと思うことはある」と心境を明かした上で、訴えかけたことは前を向くことの大事さだ。

 自身も昨年2、3月の主演ミュージカル「Endless SHOCK」が中止に追い込まれるなど、さまざまな影響を受けた。だが、その後に激しい演出を抑える形で、本編の3年後を描いたスピンオフ版「―Eternal」を生み出すなどの取り組みを行ってきた。「今この状況で何が出来るのか。もちろんステイホームも大事。だけど、その中でやれることは絶対にある。それを無駄にするかしないか、個々にかかってくる」。今回の緊急事態宣言期間中も、逆転の発想で充実した日々とするつもりだ。

 この日は、自身の6年ぶりソロツアーの開催を発表した。「6月には完全に落ち着いてないけど、やれる状況であれば。できる準備はしていこうということ」と説明。東京五輪が開幕する7月23日には横浜アリーナ公演を予定している。

 東京五輪も、開催に対しては賛否がある。「(無観客などの)制限があるかもしれないけど、そこに向かって夢を持ちながら。中止になっても無駄なことじゃない。向かっていった事実、経験がある。そこを大事に」。光一自身、どんなことも受け止める決意。すべてをプラスに変える姿勢で、大きく変化する生活様式の中で新しいものを生み出していく。

 光一は、6年ぶり5枚目のソロアルバム「PLAYFUL」(6月2日発売)でスクウェア・エニックスとコラボレーションすることになり、会見で映像などをお披露目した。アルバム初回盤の特典映像では、同社の最新技術を駆使して実写とCGの共演が実現。「自分でも区別付かないところもある。俺、いらないんじゃん?」と冗談交じりにクオリティーを称賛した。

 光一は「ファイナルファンタジー」シリーズの大ファンで、同社内でも有名だったという。特に11作目(02年発売)は、7年間でプレー時間はトータル約900日にも。「盛大な職権乱用ですね」とコラボに大喜び。映像には「Endless SHOCK」の代表演目「階段落ち」や「フライング」の要素も取り入れられた。

 ソロツアーでも、同社とのコラボを計画中。「ここにAI(人工知能)を組み込んだり、VR(仮想現実)もある。いろんな可能性が広がる」と、さらなる展開の広がりに期待した。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×