【巨人】堀内恒夫氏、戸郷翔征の敗因は“心の隙”と打たれた5安打すべてがストレート

5回途中でマウンドを降りる戸郷翔征
5回途中でマウンドを降りる戸郷翔征

◆JERAセ・リーグ 巨人3―6広島(24日・東京ドーム)

 表に表れた戸郷の敗因は2つ。羽月のバントを内野安打にしたことと、投手の高橋昂に打たれたことだ。この2つに共通するのは“心の隙”。バント処理は「アウトになる」と思ったか、少し見てから捕りにいった。高橋昂の打撃の良さは、スイングを見て気づくべきだった。連続奪三振でスタートし、味方が2ランで先制。これ以上ない勝ちパターンだったのに…。

 以前から戸郷の投球を「フォークに頼りすぎ」と指摘してきたが、その考えは相手チームの研究にも当てはまる。「追い込まれたらフォークが来る」という意識が打者に浸透している。2回、会沢が低めのフォークを見逃して四球を選んだ。昨年なら確実に振っていた球だ。戸郷はそのことに気がつかなければいけない。

 気になったことがもう一つ。打たれた5安打は、すべてストレートだ。ストレートの制球力をもっと上げるか、フォークを投げていた場面でスライダーを使うか。パターンを変えていかないと苦しむことになる。

 「勝てる」と思った試合で「嫌な感じの降板」をしていくと、そのうちに勝てなくなってしまう。“2年目のジンクス”という目に見えない敵が立ちはだかる前に、対策を講じた方がいい。(スポーツ報知評論家・堀内 恒夫)

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請