【ヤクルト】新外国人、オスナがサヨナラ打&「すわほー!」でツバメ党の心をわしづかみ

スポーツ報知
オスナ

◆JERAセ・リーグ ヤクルト4×―3中日(24日・神宮)

 ヤクルトの新外国人、ホセ・オスナ内野手(28)が、劇的なサヨナラ打と“お立ち台トーク”でヤクルトファンの心をわしづかみにした。

 1点を追う9回2死一、三塁から、相手守護神R・マルティネスの初球の外角高め直球を捉えて右中間を破るサヨナラの2点適時打。来日初のお立ち台ではファンがSNSなどで勝利時に投稿する「すわほー!」の合言葉も披露し、神宮のツバメ党を喜ばせた。

 これで2試合で8打数4安打の打率5割、2打点とメジャー通算24発の打力を早くも発揮。高津監督は「しっかりと速い球に合わせて自分のスイングをした。割り切って強いスイングをしてくれた結果だと思います」とたたえた。

 チームは今季初の4連勝で、貯金も今季最多の4。ナインからの手荒い祝福を受けた助っ人は、「素晴らしいチームに入れたと思う。皆さん全員に温かく迎えられたと思うので、これからもみんなの期待に応えられるように頑張りたい」と意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請