歌舞伎座、緊急事態宣言中の公演中止を発表 「四月大歌舞伎」は25~28日、「五月大歌舞伎」は5月3日~11日

スポーツ報知
歌舞伎座

 4月25日から5月11日まで、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に緊急事態宣言を発令することを受け、松竹は24日、歌舞伎座の各公演について、緊急事態宣言発令期間の上演中止を、公式ホームページで発表した。「四月大歌舞伎」(25~28日)「五月大歌舞伎」(5月3日~11日)が中止の対象となる。

 5月12日以降の公演に関して、松竹は「今後の緊急事態宣言の状況により判断いたします。公演開始時期については改めてお知らせします」。チケットの払い戻しも行われる。その上で「歌舞伎座では、公演を楽しみにして頂いているお客様の為に、上演を続けられるよう衛生対策を重ねてまいりましたが、現在の状況を鑑み、残念ながらこのような決断をさせていただく運びとなりました。何卒ご理解とご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます」とした。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×