【DeNA】佐野恵太の10戦ぶり打点で72イニングぶり複数得点 11連敗脱出へ序盤でリード奪う

スポーツ報知
3回2死二塁、佐野恵太が追加点となる中越え適時二塁打を放ち、塁上でベンチに向かってガッツポーズを見せる

◆「JERAセ・リーグ公式戦」阪神―DeNA(23日・甲子園)

 引き分けを挟んで10連敗中で、12試合勝ちのないDeNAが、3回までに3点のリードを奪った。

 2回に3者連続四球で無死満塁の好機を作り、神里のニゴロの間に先取点をゲット。3回は柴田の左中間への二塁打で得点圏に走者を置くと、2死二塁から佐野が中越えの適時二塁打を放った。得点圏打率が試合前の時点で1割3分6厘で、3打点止まりだった4番は、11日の阪神戦(横浜)以来、10試合、37打席ぶりの打点。チーム31イニングぶりの適時打で、久々に好機で快音を響かせた。

 さらに2死満塁で神里が押し出し四球を選んでさらに1点を追加。この回2点を奪った。1イニングに2得点を奪うのは、14日のヤクルト戦(神宮)の3回に2点を奪って以来、72イニングぶりだった。1試合で3得点を奪うのも同ゲーム以来8試合ぶりとなった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請