陸上「TWOLAPS TC」が中距離特化の賞金レース開催へ シリーズ王者には100万円

スポーツ報知
賞金レースの創設を発表した横田氏。レースではペースメーカーも務めるなど、指導者の枠を越えて活躍

 男子800メートル前日本記録保持者の横田真人氏(33)が代表を務め、陸上中長距離選手の指導やマネジメントなどを手がける「TWOLAPS」が23日、中距離に特化した賞金レースの開催を計画していることを発表した。男女のシリーズチャンピオン(エリートの部)にそれぞれ100万円の賞金を贈呈するという。

 シリーズでの開催を計画しており、現時点では8月20日に大阪・長居スタジアム、9月23日に福島・郡山総合運動場開成山陸上競技場、10月にも都内でのレースを実施する見込み。エリートの部としては、大阪大会や福島大会を予選ラウンドとして実施し、800メートルや1500メートルに準じた中距離種目を行う。各大会での上位がファイナルステージ(10月、東京)に進み、1000メートルで王者を決める。800メートルと1500メートルの“中間”とも言える距離での“異種格闘技戦”に注目だ。

 さらにワイルドカードシステムも導入予定で、今年の日本選手権優勝者や東京五輪出場者はファイナルステージ出場権利が与えられるという。賞金が贈られるエリートの部以外にも、小学生から一般まで出場可能な部門が創設される。陸上界の裾野を広げ、多くの人が参加できる新たなジャンルの競技会に注目が集まる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請