東京事変10年ぶりオリジナルアルバム「音楽」 “ロックの日”6月9日リリース

10年ぶりにオリジナルアルバム「音楽」をリリースする「東京事変」の椎名林檎(中央)ら
10年ぶりにオリジナルアルバム「音楽」をリリースする「東京事変」の椎名林檎(中央)ら
新アルバム「音楽」の初回生産限定盤ジャケット
新アルバム「音楽」の初回生産限定盤ジャケット

 シンガー・ソングライター椎名林檎(42)がボーカルの5人組バンド・東京事変が、6月9日の“ロックの日”に新アルバム「音楽(ミュージック)」を発売することが22日、分かった。「大発見」(11年)以来10年ぶりのオリジナルアルバムのリリース。20年元日に8年ぶりの再生(=再始動)を発表したが、それ以前から制作され、2年の歳月をかけて完成させた。

 映画「さくら」の主題歌「青のID」を始め、NHKのドラマ「ドリームチーム」の主題歌「闇なる白」、テレビ東京系「WBS(ワールドビジネスサテライト)」のエンディングテーマ曲「緑酒」など全13曲を収録。収録曲や曲順、アルバムタイトル、船舶のデッキを連想させる場所で撮り下ろしたアーティスト写真など、どの部分にも「東京事変」のこだわりが詰まっており、関係者は「どの楽曲も素晴らしいですが、1曲目から順番通りに聴いてほしいですね」と語った。

 特製ハードケース使用の初回生産限定盤には、メンバーの制作風景を収めた40ページに及ぶ写真帖(ちょう)「仕事中」が封入される。また、ファンからCD化が切望されていた日本テレビ系「私たちはどうかしている」主題歌の配信限定シングル「赤の同盟」(20年8月配信、全3曲)を収録したCDが付く。特設サイトも開設予定で作品情報、コンテンツが順次公開される。

10年ぶりにオリジナルアルバム「音楽」をリリースする「東京事変」の椎名林檎(中央)ら
新アルバム「音楽」の初回生産限定盤ジャケット
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請