札幌チャナティップ、東南アジア出身者初J1通算100試合目「ホームで勝利をつかめたら最高」

練習でパスを狙う札幌MFチャナティップ(中央)
練習でパスを狙う札幌MFチャナティップ(中央)

 J1北海道コンサドーレ札幌MFチャナティップ(27)が22日、節目の勝ち点3を誓った。仙台戦(24日、札幌厚別)に向けて宮の沢で練習。タイ代表のスターは17年7月の札幌デビューから仙台戦出場でJ1通算100試合のメモリアルを迎える。同国初、東南アジア出身者初の大台へ「ホームで勝利をつかめたら最高」と決意を込めた。

 節目を前にチャナらしい笑顔と動きが戻ってきた。「怖さがなくなり体のキレも出てきた。記録は何かで見て知った。ベストで迎えられる」。3月10日の広島戦前の練習で負った右ふくらはぎ痛も癒え、上り調子だ。

 札幌4季目。鋭いドリブルはもちろん、礼儀正しさや周囲を明るくする笑顔で愛されてきた。開幕戦にゴールを決めたが、感謝を大切にするチャナだからこそ今季の働きは納得していない。チームもリーグ直近3戦で1分け2敗。7日のF東京戦(1●2)後はミハイロ・ペトロヴィッチ監督(63)から「今のチャナは自信がなさそうだ」と喝が入った。目を覚ました鹿島戦(2△2)、横浜M戦(1●3)は「自信を持ち臨んだら良くなった」と反撃態勢にある。

札幌MFチャナティップのJ1成績
札幌MFチャナティップのJ1成績

 外国籍に含まれない提携国枠のタイ国籍選手はJで重宝され、横浜MのDFティーラトン(31)ら自身を追い、活躍する選手も増えた。同国初の18年ベスト11などパイオニアの自負もある。「日本でのプレーは幼少期から夢だった。タイの子供もどんどん来ると思うし、良き見本でありたい。札幌の一員としてカップ戦優勝やACL出場もかなえたい」。節目勝利を、次なる目標への一歩とする。(川上 大志)

練習でパスを狙う札幌MFチャナティップ(中央)
札幌MFチャナティップのJ1成績
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請