名古屋フィッカデンティ監督、開幕から2か月で迎える川崎との異例2連戦へ「世界初では?」「全力で準備」

フィッカデンティ監督
フィッカデンティ監督

◆明治安田生命J1リーグ▽第11節 名古屋2―0G大阪(22日・豊田スタジアム)

 新型コロナウイルス陽性者発生の影響で延期されていた1試合が行われ、名古屋が2―0でG大阪を下した。

*  *  *

 この日で川崎との試合数が並び、勝ち点差が3に。得失点差には開きがあるものの、ACL日程変更の影響で実現した異例の“天王山2連戦”(29日・豊田ス、5月4日・等々力)での順位逆転が可能な差に迫った。

 フィッカデンティ監督は「川崎と1試合やることが、どれだけ大変な作業かわかっていただけたら」と苦笑いを浮かべ、「2連戦というよりも、まずはホームの(29日の)川崎戦だ、という位置づけです」と見据えた。

 ACLの日程変更の影響で、開幕から2か月の段階で川崎との2連戦が実現。「世界のサッカーを見渡しても、めちゃめちゃ強いチームに対し、今年は(我々が)1強じゃない状態にできそうなわけだが、そんなチームと2試合連続で試合をやらなければならない。これは世界初ではないか?」と冗談を交えながらも「ここ4年で3回優勝している、ずば抜けたチームが相手だ。クオリティーを出し切れない試合になることはよくない。(中6日のため)ここで1日2日しっかり休み、そこから全力で準備していきたい」と力を込めた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請