浦和FW菅沢優衣香、東京五輪へ抱負「1位通過を狙っていきたい」

浦和レディースのFW菅沢優衣香
浦和レディースのFW菅沢優衣香

 三菱重工浦和レッズレディースのなでしこジャパンFW菅沢優衣香(30)が22日、オンライン取材に応じ、東京五輪にむけて抱負を語った。

 前日21日には東京五輪の抽選会が行われ、1次リーグE組でカナダ、英国、チリと同組となった。菅沢は「カナダや英国は何回か対戦していて、強いことは分かっている。その2試合がキーポイントになる。チリは相当前にやったので、どんなプレーをするかは分からない。簡単にいく相手ではないけど、1位通過を狙っていきたい」とメダル獲得への道筋を語った。

 日本代表では、今月11日の国際親善試合・パナマ戦(7〇0)でハットトリックをマーク。FW陣の中軸として、18人のメンバー入りが期待される。「FWなので得点でチームを引っ張れる。しっかり狙っていきたい」とクラブでの活躍で代表入りを射止める覚悟だ。

 9月に開幕するサッカー女子のプロリーグ「WEリーグ」に参戦するチームはこの日、さいたま市内で報道陣に練習を公開。24日のプレシーズンマッチ・マイナビ仙台レディース戦(浦和駒場)に向けて調整した。

 プロ化に伴い、練習時間は昨年までの夕方から午前中に変更され「まだ慣れないけど、午前練習になった分、午後に自主練習や体のケアの時間が今まで以上にとれる。うまく利用してやっていきたい」。新リーグの開幕は約5か月先だが、「初代チャンピオンを目標に掲げてやっていきたい」と力を込めた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請