【DeNA】10連敗阻止へ三浦大輔監督が異例の“登板” 早出練習で佐野恵太、桑原将志に打撃投手で100球超

スポーツ報知
早出練習で打撃投手を務めたDeNA・三浦大輔監督(右上)

◆「JERAセ・リーグ公式戦」DeNA―中日(22日・横浜スタジアム)

 引き分けを挟み9連敗中で、11試合勝ちなしのDeNAは22日、中日戦(横浜)前の早出練習で三浦大輔監督(47)が、異例の打撃投手を務めた。

 佐野恵太外野手(26)、桑原将志外野手(27)に対して約15分間で、100球超を投げ込んだ指揮官。11試合連続3得点以下と貧打に泣く打線に刺激を入れるべく、通算172勝の番長が自ら、ボールを投げ続けた。ナインからは「ナイスボール!」との声も飛び、佐野は8本の柵越えもマークした。

 三浦監督は、2月1日のキャンプ初日から打撃投手を務めるなど、2月のキャンプ中は何度もマウンドに立っていた。だが、シーズン中に監督が打撃投手を務めるのは極めて異例。早出練習は通常、ベンチスタートの選手を中心に行われるが、4番で主将の佐野がグランドに姿を見せるのも珍しかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請