【読売マイラーズC】ケイデンスコールが坂路でラスト11秒9 安田隆行師「シャープな動き」

スポーツ報知
ケイデンスコール

◆読売マイラーズC追い切り(4月22日・栗東トレセン)

 読売マイラーズC・G2(4月25日、阪神競馬場・芝1600メートル)に出走するケイデンスコール(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)が22日、坂路で最終追い切りを行った。

 岩田康誠騎手が騎乗して単走。前半を抑え気味に運び、残り400メートル付近で軽く気合をつけられると、瞬時に加速。54秒6―11秒9と鋭いフィニッシュを決めた。

 安田隆調教師は「先週にある程度やっているので、今週は促す程度。それでもラストは11秒台が出て、シャープな動きでした。いい状態をキープできています」と納得の表情を浮かべた。

 昨年は6戦未勝利に終わったが、今年に入って京都金杯を制し、前走の中山記念も接戦の2着と復調を示している。「体重はそんなに増えていなくても、ここにきて馬が大きく見えるんです。本来(の適性距離)はマイルだと思っていますし、期待しています」とトレーナーは重賞3勝目へ力を込めた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×