チャーリー浜さん、78歳天国へ 「…じゃあ~りませんか」「ごめんくさい」ギャグで人気…4回離婚のプレーボーイ

チャーリー浜さん
チャーリー浜さん

 吉本新喜劇の人気タレント・チャーリー浜(本名・西岡正雄=にしおか・まさお)さんが18日午後6時41分、呼吸不全と誤えん性肺炎のため大阪市内の病院で死去した。78歳。吉本興業が21日、発表した。葬儀は近親者のみですでに執り行われた。吉本新喜劇で人気を集め、「…じゃあ~りませんか」のギャグは1991年の新語・流行語大賞に選ばれた。

 七三分けの髪形と黒縁めがねというスタイルで、“アメリカかぶれのキザなお坊ちゃん役”を演じて人気者だったチャーリー浜さんが亡くなった。

 関係者によると、浜さんは3月中旬に体調不良を訴え、大阪市内の病院に入院。そのまま帰らぬ人となった。4回離婚したプレーボーイとして知られたが、現在は独身で、近年は介護老人ホームで暮らしていたという。昨年3月30日、京都のよしもと祇園花月で行われた配信イベント「チャーリー浜をもっと知ろう!」で、若手芸人と共演したのが最後の舞台となった。

 浜さんは高校卒業後、コメディー作家・花登筐さん(83年死去)が立ち上げた劇団「笑いの王国」で芸を磨き、62年に吉本新喜劇に入団。舞台を中心に活躍した。もともと「浜裕二」の芸名で活動していたが、89年の東京進出をきっかけに「チャーリー浜」に改名。キザで、大阪離れした奇異な言葉遣いが人気を集めた。

 91年、サントリー「ポケメシ」のCMで代表的なギャグ「…じゃあ~りませんか」を披露すると大ブームに。同年の「第8回新語・流行語大賞」の年間大賞に選ばれ、年末のNHK紅白歌合戦にもゲスト出演した。92年には「上方お笑い大賞」金賞を受賞。一時低迷していた吉本新喜劇の人気が全国区に広がる原動力のひとつとなった。俳優としても活動し、98年にNHK朝の連続テレビ小説「やんちゃくれ」、2009年には同「ウェルかめ」などに出演した。

 吉本興業は「皆様には、故人生前に賜りましたご厚誼に深く感謝しますとともに、謹んでお知らせ申し上げます」とコメントした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請