蓮舫氏、菅首相の緊急事態宣言の東京五輪への影響「ない」発言に「最優先で守るべきは、国民の命です」

蓮舫氏
蓮舫氏

 立憲民主党の蓮舫参院議員(53)が21日、自身のツイッターを更新。3都府県への3度目の緊急事態宣言発出濃厚の中、東京五輪への影響は「ない」とした菅義偉首相(72)を厳しく批判した。

 菅首相が20日夜、新型コロナウイルスの感染が拡大している大阪府を対象にした特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令について「状況を精査し、対策の中身も検討し、速やかに判断したい」と述べ、宣言が再び発令された場合の東京五輪・パラリンピックに与える影響を問われ、「ない。ただ、安全・安心の大会になるように政府として全力で作り上げていきたい」と答えたという記事を貼り付けた蓮舫氏。

 「オリンピックへの影響は『ない』と菅総理。東京都知事が『東京に来ないで』と、リモートワークできない方々を排除する発言もしていましたが。何を根拠に五輪だけは開催するのでしょうか」と疑問を呈した上で「最優先で守るべきは、国民の命です」と続けていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請