右膝前十字じん帯断裂の渡嘉敷来夢 五輪出場へ「諦めてない。諦めることはすぐにでもできる」

オンラインで取材に応じる渡嘉敷来夢
オンラインで取材に応じる渡嘉敷来夢

 バスケットボール女子の日本代表候補が21日、都内での強化合宿期間中にオンラインで取材に応じた。 昨年12月に右膝前十字靱帯(じんたい)を断裂した身長193センチのエース・渡嘉敷来夢(29)は「早くコートに立ちたいなと思ってリハビリしています。正直(五輪を)諦めることは今すぐにでもできる。ほぼ無理だと思っている方もいると思うが、諦めたわけではなく、でも膝ファーストでやっていければ。東京五輪が私の最後ではないので、その先も見据えてやっていければと思う」と現在の思いを口にした。

 けがをしてから約4か月が経過。リハビリで膝は曲がるようになり、ジョギングや軽いジャンプはできるまで回復したという。現在はメンタル面で葛藤する日々だというが「日によって前向き度は全然違う。厳しいと思う気持ちがあったり、考えたところで膝が良くなるわけじゃないので、ここ(代表合宿)にいるときはポジティブに(いる)。嫌になったらいつでも諦めちゃえと思ったり、そんな自分自身との戦いかなと思う」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請